ホーム子育て(子どものこと) ≫ 片付けられない子どもが自分で旅行の荷造りをするのにおすすめの方法とは。

片付けられない子どもが自分で旅行の荷造りをするのにおすすめの方法とは。

今日から家族旅行に出かけます。
今回は、中一の娘には自分で荷造りをしてもらいました。

片付けられない傾向のある娘は、ちょっとしたお出掛けの時でも荷物を準備するのが苦手です。でも、もう私では手に負えない事情もあり、今回は、丸投げしてみました。

そうしたら…
ある方法で、あっという間に荷造りできたのです♪

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

中一娘の荷造り事情


今回の旅行は飛行機です。夫が住んでいる北海道に、娘と息子と3人で行ってきます。

荷造りは…。
小4の息子の洋服は私が荷造りしました。男の子なので種類が限られていて楽勝でした。
今まで通り、娘の分も作ろうとして、はたと困りました。

今春、娘の部屋を模様替えして、今まで和室に置いていた娘の洋服をすべて娘の部屋に移動させたのです。
その後、娘の洋服の整理をどうするか悩んで記事を書いたりしましたが、普段は学校へ行っている間にささっと洋服だけ私が片付けています。

娘の洋服関連の記事はこちらです。
洋服を片付ける習慣のない思春期の子どもが服を毎日しまえるようになるコツとは。
洋服の片付けに、思春期の女の子も満足できる100均ダイソーのフレンチガーリーボックスを活用。
5分片付けで服の山をスッキリ!~フライレディ9日目

さて、荷造りするためには、娘の部屋に入って、洋服をいろいろ出して選別しなければいけません。でも、夏休みで娘は部屋にいるので、私が入り込むのもイヤがられそう。それに、選んでもすんなりOKになるとは思えません。

考えただけで面倒になり、もう中学生ですから自分で準備すれば良いのだと気づきました。娘が準備して、後から直してあげればいいよね、と。

まずは娘に丸投げしてみました


まだ日にちがあったので、娘に丸投げしてみました。
「今度の旅行に持っていく洋服を自分で選んで、これに包んでね」と、いつもの風呂敷を渡しました。

「うん!」と元気なお返事。

あまり期待できなかったけれど、数日待ってみました。

…これはダメでした。
風呂敷は床に置かれたまま。洋服は1枚も選ばれていません。

旅行の3日前になって私が我慢ができず、「早くして!!!」と怒鳴り、ようやく小さな荷物ができました。

娘は大きい子なので、小さくて済むはずがないのです。当然、足りていません。困りました。

今回の飛行機はジェットスター


私が早くから荷造りにキリキリしたのには理由があります。

今回の旅行は、子どもたちにとっては初めての飛行機の旅行で、私も国内線は久しぶり。それに、初めてのLCC、ジェットスターなんです。何かと頼りにしたい夫は旅行先で待っていますから、成田空港でスムーズに飛行機に乗るには、私がなんとかするしかありません。でも、自信がないんですよね…。

ジェットスターは、格安ですが、荷物制限が厳しいのです。
機内持ち込みは、1人2つ合計7kgまで。これは、めいめいがリュックとポシェットを持つことにしました。

預けられる荷物は、料金が別途かかります。3人分の衣類は機内持ち込みだけでは無理なので、1つだけ大きなスーツケースを用意して、預けることにしました。それも重量で料金が変わります。最低料金で頼んだので、重さは15kgまで。

さあ、この制限に収まるように荷造りしなければいけないのです。

我が家の娘は、片付けられない傾向があります。
持ち物を決めるのが苦手で、あれもこれも詰めてしまうのです。学校へ行くときも遊びに行くときも、色鉛筆のセットを2つ入れたり、ハンカチを何枚も入れたり…。
肝心な物は埋もれて下の方に入り込み、取り出せないし、何が入っているかも分からなくなってしまいます。

でも、今度の旅行では、あれもこれも詰めては困ります。そこで、できるだけ早く娘の荷造りを完了させたいと思っていました。

荷造りが苦手な娘に役立ったのはチェックリストでした


気を取り直し、もういちど娘に荷造りを頼みました。機嫌が良さそうな時に^^

そうしたら、娘の反応は意外だったんです。
「ママ、持って行く荷物をぜんぶ書き出して!私がお風呂に入っている間に書いておいてね。出てきたらやるから。」

なるほど、チェックリストを渡せば良かったんですね。上から目線の発言ではありましたが、やってくれるなら嬉しいです。いそいそとチェックリストを作りました。

洋服は種類別に書き出し、髪どめ、ブラシ、めがねケース、歯ブラシ、パジャマ、生理用品、宿題、本、財布。

お風呂から出た後は、すっかり忘れてしまった様子だったのですが、どこかでスイッチが入ったらしく、翌日、スーツケースに入れる洋服、リュックとポシェットがひとそろい出来上がっていました!

さすがに洋服は自信がなかったらしく、「多すぎるかもしれないから見て」と言われましたが、大丈夫、できていました。

リュックの中身は、宿題をいくつも詰めてしまっていて、多すぎました。娘には、「リュックとポシェットで7kgまでだよ~減らしてね~」と任せてみました。

今回は、張り切っていたからでしょうか、ぶつぶつ言いながらもけっこう楽しそうに物を減らし、無事、7kgに収まりました。

これで娘の荷造り、完了です!



チェックリストは効果がありますね~。
そう言えば、以前、フライレディのベビーステップで片付け習慣を身につけていた時に、似たような課題があったので、娘にチェックリストを作ったことがありました。
帰宅後の片付け習慣。整理整頓が苦手な子どもにおすすめの方法。

すべてさっとできるところまでは行っていませんが、リストに書かれたことをだいぶできるようになっています。
そして、荷造りも。

もしお子さんが荷物作りが苦手だったら、チェックリストを用意してあげると良いと思います。まあ、本人がやる気になってくれないことには役立たないのですけど…。
今回は、娘の気分も上がっていたのでちょうど良かったのかもしれません。この成功体験を自信にしてくれるといいな~☆

では、旅行に行ってきます!


関連記事

コメント













管理者にだけ表示