ホーム片付け ≫ 絶対に無理と思っていた聖域を片付けることになりました。もしかして断捨離できるかも。

絶対に無理と思っていた聖域を片付けることになりました。もしかして断捨離できるかも。

昨晩、絶対に無理だと思っていた聖域片付けることになりました。

もちろん、進んでではありません。ある物の出現で、仕方なく寝る時間を返上して片付けることになったのです。

でも、そのおかげで断捨離できるかもしれないという希望が見えてきました。

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

片付けられない聖域とは


その聖域とは、寝室のぬいぐるみの山です。

私もわりと好きですが、息子がぬいぐるみ大好きっ子なのです。不思議なもので、娘はあまり関心がありません。
そのうえ、私はぬいぐるみが捨てられません。
さすがにいくつかは捨てたことがありますが、毎回、断腸の思いでした。

以前、こんまりさんの本を読んでこんな記事も書いています。⇒ ぬいぐるみを処分する方法~こんまりさんの『イラストでときめく片づけの魔法』を読む(3)

そんなわけで、ぬいぐるみは増える一方。今では、100は軽く超えるのではないかと思います。

我が家で、ぬいぐるみを置いている場所は2か所です。
1つは、大きなカゴいっぱいに古めのぬいぐるみとお人形が詰め込まれて、私の部屋に置いてあります。
もう1つは、リビングの隣の和室、ここが寝室なのですが、和室の背の低い引き出しの上に積み上げてあります。そのうち、10個くらいを、息子が抱いて寝ています。

ビフォー写真は撮れなかったので、現在の写真をご覧くださいませ。青い線で囲ったところに(空中ですけど)、わんさとぬいぐるみが積み上げられていました。
和室のぬいぐるみ

昨晩、困ったことが起きました


どう考えてもぬいぐるみが多すぎるので、断捨離すべきです。でも、手が出せずにいました。

そうしたところ、昨晩、困ったことが起きました。
息子が寝る時間になって、大声で私を呼ぶので行ってみると、「げじげじがいた!」と。それも、窓際の引き出しの隅に逃げ込んだと言うのです。引き出しの前に布団を敷いて親子で寝ていますから、虫を捕獲しないと安眠できません。
そこで、同居の両親を呼んで、大掛かりな捜索をすることになりました。

窓際には、PCを置いていた簡易机、背の低い引き出し、背丈ほどの引き出しの3つの家具がありましたので、すべて壁から離し、掃除機をかけることに。ぬいぐるみはすべて下ろしてリビングに放り出しました。
これは一部です。
放り出されたぬいぐるみ

家具の後ろは何年も掃除をしていなかったので、ホコリがすき間にびっしりでした。私と両親とが汗だくで掃除をし、興奮した息子が後ろで騒ぎ、自分の部屋で自分の世界に入っている娘もさすがに様子を見に来て、大騒ぎでした。

結局、丸まったげじを見つけ、掃除機で退治。

騒ぎが終わり、家具は元に戻しましたが、ぬいぐるみはリビングに出したまま、息子が必要な分だけ布団に入れて、寝ることにしました。

朝起きたら、リビングにはぬいぐるみが所狭しと置いてあります。上の画像以外にもあったのですよ。気分が下がりました。

意外だった息子の反応


ところが、意外にも、息子は「和室がきれいだね~」「すっきりしてるね~」と満足げ。「え、ぬいぐるみ、なくていいの?」と焦ったのは私の方でした。

すっきりした和室というのはこちらです。息子との会話の時は、引き出しの上の四角いカゴも下ろしてリビングに出していて、ここにはなかったので、もっとすっきりしていました。
片付け後の和室

そのうえ、「パパが帰って来る前に片付けるといいね」とまで言うではありませんか。単身赴任中の夫は8月末に帰省する予定です。たしかにそれまでに片付けられると良いですが、あなたの大好きなぬいぐるみはどうするの??

さすがに、捨てるとまでは思っていない様子ですが、とりあえず、ほとんどのぬいぐるみを押し入れに入れようと提案してみると、すんなりOKが出ました。拍子抜けしました。

でも、親子ともどもその気になっている時が良いタイミングです。早速、袋に詰めて、押し入れの上に押し込みました。半分は入りきらなかったので、私の部屋に置いています。

こうして、まずは、見えないところに移動できました。しばらくしたら、捨てられる物を見繕い、処分したいと思います。


思いがけないきっかけで、絶対に手をつけられないと思っていたぬいぐるみの片付けが進みました。

捨てるのは(ぬいぐるみが)可哀想な気持ちはありますけど、いつまでもぜんぶ取って置くのも無理なこと。げじの出現が良い機会だったと思って、上手に断捨離を進められればと思っています。

私のことなので先になるとは思いますが、ぬいぐるみの断捨離が進んだらご報告させていただきますね。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示