ホーム片付け・断捨離 ≫ もしかして捨てちゃった?!断捨離主婦のマイナンバー紛失てん末記。

もしかして捨てちゃった?!断捨離主婦のマイナンバー紛失てん末記。

皆さんは、マイナンバーをどこに保管していますか?
私は、ちゃんと決めていませんでした。

年末に届いてから、「とくべつなものだから」と、タンスの上にそれだけ置いておきました。ほかの書類と混ざらず、目につきやすいと思ったからです。

ところが、今朝、使おうと思ったらないのです。
断捨離の最中に捨てて紛失しちゃったのかも?!
ものすごく焦りました。

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

あるはずの場所にない時どこを探す?


もともと置いていたはずの場所には、ひと目見てありませんでした。

ほかに書類を置いているのは、PCのそば。ここは封筒が4通あっただけで関係ありませんでした。

クレカの明細や最近の手紙などが束になってあるのは、子どものランドセルラックの上段。ここも1つ1つ見てみましたが、マイナンバーの入った白い封筒はありません。

銀行の通帳やパスポートが入っている引き出し。一応、大切なものを収納していますから、入れた覚えはありませんが、入っている可能性はあります。でも、ダメでした。

あとは、保険証と診察券などを入れたお道具箱。ありそうに思えましたが、ここもダメ。

あり得ないと思ったけれど、部屋から出てリビングも探してみました。でも、探す場所自体がほとんどなく、すぐに終了。

探しても探しても見つからない。捨てちゃった?


探し始めた当初は、心当たりを順番に見れば見つかると思っていました。あんなに大切な物を捨てるはずはないし、しまう場所なんて限られているし、と。

でも、探しても探しても出てこないんです。

とくべつなものだからと、1通だけ別にしていたわけなので、どこかに紛れたかもしれません。部屋にある雑誌や書類の間も探してみました。でも、ありません。

再発行はしたくないのに。
ここ数か月、けっこう楽しんで断捨離していたので、その間に捨てちゃった?

いえいえ、私の断捨離は、物をそう簡単には捨てませんから、そんなはずはない…。
でも、自信がなくなってきました。

単身赴任中の夫が知っているはずもありませんが、念のためラインで問い合わせ、しばらく時間を置こうとPCに向かい、メールチェックやいつものサイトを眺めてみました。

でも、気になります。落ち着かないので、在宅ワークは手につきません。

お茶でも飲んだら何か思いつくかなと、部屋を出て、同居の母に、「マイナンバーが封筒ごとみつからないの。」と愚痴をこぼしたりして気を紛らわしました。

同居の母がくれた大きなヒント。絶妙のタイミングで夫からのメール


気分転換と言うのは役に立つものですね。

ほどなくして母が、そう言えば…とやって来ました。

「Hちゃん(私の夫です)が、札幌に行く前(単身赴任を始める時という意味です)、自分のマイナンバーを持って行くって言ってた。あの時みんくいた?」

…いませんでした。夫が赴任する3月末の数日間、私は自分の仕事で台湾に出かけていたのです。夫はその間に札幌に引っ越して行ってしまいました。

ということは、私が置いてあると思っていた場所から、夫は自分の分だけ抜き出し、封筒をどこかにしまったということですね。どこにしまったの…?

その瞬間、ラインがポーンと鳴りました。

「タンスの下から2段目か3段目にあるよ。」というメッセージ。

夫が知っていることにも驚きましたが、この展開ならあり得ます。でも、それよりも、タンスの引き出しの中って…。

どうしてここなの?!


開けてみたらありました。
マイナンバー
何ですか、これは。
洋服ダンスにマイナンバーって入れるものですか?

そう言えば、私が台湾に出かける前、引越しの準備をしていた夫が洋服ダンスを指さして、「ここ1段開けたよ~みんく使っていいよ~」と言ってくれていました。でも、断捨離中ですから、そのまま開けておこうと思い、4月以降いちども開けていなかったのです。

まったく思いつきませんでした。私ひとりでは、一生探し出せなかったかも。

これなら、自分の郵便物と一緒にしてくれていたほうが良かったです。でも、私もそうでしたが、夫も、大切なものだからこそ、ほかのものと別にしたかったのかもしれません。

とくべつ扱いはほどほどにして、最初から普通の場所に収納しておけば良かったですね…。



探し始めてから約2時間。幸いなことに見つかりましたけど、ものすごく疲れました。午前中の在宅ワークはぜんぜんできず、買い物に行く予定も延期しました。

マイナンバーは大切な物だからと言っても、とくべつ扱いは禁物です。「最初から」きちんと収納しましょう。

今回は、良い教訓になりました。皆さんもお気を付けください。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示