ホーム整理・処分法 ≫ 家族の18年の歴史が詰まった年賀状の整理がひと段落。自分宛ての年賀状を断捨離しました。

家族の18年の歴史が詰まった年賀状の整理がひと段落。自分宛ての年賀状を断捨離しました。

先月末から取り掛かっていた18年分の年賀状整理がひと段落しました。18年分というのは、結婚してからということです。

毎日15分くらいずつ片付けを続けて、数日前にようやく終了しました。長かったです。

何でもそうですが、物はためこまずに適宜片付けて整理しないと、後で大きな負担がかかってくるものです。今やっておいて良かった~というのが正直な感想です。

では、どんな基準で片付けたのか、どのくらい捨てられたのかなど、ご報告しますね。

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

18年分の年賀状の状態


年賀状の片づけを始めたのは、約3週間前でした。
リビングで場所を取っていた年賀状の断捨離に着手。18年分の処分を試みた結果は

年賀状がリビングの棚を1段占拠しており、中身をすべて出して並べたところ、たたみ1畳ほどに。
18年分の年賀状
家族の年賀状なので、私と夫、途中からは2人の子どもたちの分もあります。夫は単身赴任中でいないので、夫と子どもの分は取って置き、自分宛ての年賀状を処分することにしました。

取って置く基準は、前の記事にも書きましたが、次の通りです。
・私宛ての年賀状は捨てる
・友人の出産報告、結婚報告、亡くなる前の貴重な年賀状、そのほかとくべつだと思う年賀状は捨てない
・夫と子ども宛ての年賀状は捨てない

こんな基準で、初日は、2年分を整理しました。

片付けた結果


まだ16年分残っていましたので、その後、毎日少しずつ処分しました。
そして、ついに作業終了。じゃーん!
年賀状断捨離後
上の2山が捨てる物、下の3山が残すものです。
半分までとはいきませんが、最初の画像と比べるとかなり減っているのがお分かりいただけるでしょうか?

残っている物は、夫と子どもたちの物が多いのですが、せっかくなので、説明させて下さい。

年賀状1~3
1) 見本の年賀状
自分たちが出した年賀状を毎年1枚ずつ残してあります。最初は、結婚しました葉書から始まり、途中で子どもたちの出産報告も入れました。こうまとめると、すっきり整理できたように見えますが、じつは、ぜんぶの年の年賀状がそろっていません。取って置いたつもりだったのに、年によって抜けています。整理していなかったのが原因です。

2) 私の友人や先生の思い出の年賀状
友人の結婚・出産報告、先生や親せきの最後の年賀状など、思い出の年賀状をここにまとめました。年賀状以外に、その年に届いた手紙も混じっています。

私宛の年賀状は断捨離して、残っているのは、これと、最近2年分の年賀状、夫婦宛ての年賀状だけです。

3) 夫の結婚前の年賀状
結婚した時に持ってきたのだと思います。数年分ありましたが、単身赴任が終わって帰って来たらどうするか聞いてみます。

年賀状4
4) 最近2年分の年賀状
当初、3年分くらい取って置こうと思っていました。それなのに、手当たりしだいに断捨離している間に、3年前の年賀状を仕分けしてしまいました。途中で気がつきましたが、「まあ、なくてもいいや」という気になってので、残すのは2年分に。今は、1年分でも良さそうな気がしています…。

年賀状
5) 子どもたち宛ての年賀状
子どもたち宛ての年賀状は、ケース2つ分になっていますが、1つはまだ余裕があります。子どもたちは中1と小4ですから、これから増えていくのでしょうね。お友だちから届いた物と、お友だちのお母さんから写真入りで送られた物が両方入っています。

年賀状
6) 夫婦・夫宛ての年賀状
今回、夫が不在のため、確認できず保留になっている物です。たくさんありますね。3番と同じ扱いで、単身赴任が終わるまで保留です。

年賀状
7) 自分たちの結婚式関係の葉書
これは年賀状ではありません。自分たちが結婚した時の招待状の見本、招待状の返事、お祝いのカードなど。断捨離している方から見れば、完全に捨て対象だと思いますが、しばらく取って置くことにしました。夫にも一応、聞いたほうが良いですし。

年賀状名簿
8) 名簿
たくさんのプリント.。これは、毎年、年賀状を出す時の宛名ラベルを出力した物です。私たち夫婦の住所録と言っても良い物です。

今回、自分宛ての年賀状をほとんど断捨離しましたが、未練なくサクサクできた理由の1つが、この名簿の存在です。これが取ってあれば、18年間に交流のあった人の名前や住所がほとんどたどれます。
やはり何かの形で手がかりが残っているというのは安心できますね。



以上、長くなりましたが、我が家の18年分の年賀状の断捨離、終了しました。厳密に言うと、夫が帰ってこないと判断できない物が残っており、結婚した時の招待状関係もどうかと思いますが、様子を見て減らしていきたいと思います。

最初にも書きましたが、18年分の年賀状の断捨離は、けっこう疲れました。判断するには1枚1枚見なければならず、時間もかかりました。

そうは言っても、とくに最初の頃の年賀状は、すっかり忘れていた物がほとんどだったので、「この頃はこういう人と仲良くしていたな~」「お世話になったな~」と懐かしい気持ちにもなりました。でも、もう今は関係がなくなっているので、処分してしまいました。

ためこむと、こうして時間と労力を傾けないといけなくなるものですね。来年からは、暖かい季節になったらすぐに古いものを処分するようにしたいと思います。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示