ホームフライレディベビーステップ ≫ 質の良い睡眠を摂るには?子育てと在宅ワークと睡眠の関係~フライレディ17日目

質の良い睡眠を摂るには?子育てと在宅ワークと睡眠の関係~フライレディ17日目

子どもが小さいと、一緒に寝てほしいと言われて寝てしまい、気づいたら朝!ということはありませんか?
その反対に、夜更かしをして不調になることは?
どちらも私はよくあります。

今回は、小学生の子育て在宅ワークをしながら、どうやって質の良い睡眠を確保したら良いのか考えてみます。
睡眠

私は、片付け習慣を身につける、フライレディベビーステップを実践しています。17日目の課題は、寝る時間を見直す、ということでした。

我が家の息子は、甘えん坊。「一緒に寝て」と言ってきます。いつも応じていると、夜にしたいと思っている在宅ワークができなくなってしまうので、別の日に夜更かしをすることになります。

でも、フライレディは、毎日、遅くない、決まった時間に寝るようにと言っています。たしかにそのほうが質の良い睡眠が摂れますよね。

では、この状況でどうしたら理想の眠りに近づけるのでしょうか?

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。
○ フライレディのご案内 ○
フライレディベビーステップのページはこちら。⇒31 Beginner BabySteps
・ベビーステップ実践の必須ブログ、日本語で詳しく解説されている筆子さんのブログはこちら。⇒アメリカのお片づけ指南サイト、フライレディに関する記事のまとめ
・17日目についての筆子さんの詳細な解説はこちら。⇒日々の積み重ねが大切。初心者向け31日で身に付く片付け習慣(5)

私のこれまでの実践はこちらに書いています。⇒第1週 ⇒第2週 ⇒15日目 ⇒16日目

私の睡眠時間


私は、夜9時半に寝る日と12時過ぎに寝る日が交互です。朝は、遅くても6時に起きますが、早く寝た日は4時か5時に起きることもあります。寝る時間も起きる時間もばらばらで、夜更かしが過ぎると体調も機嫌も悪くなり、自分でも良いとは思っていません。

フライレディは、毎日決まった時間に寝るように言っています。私も、そのほうが良いのは分かっているのですが、それができない理由があります。

○息子の希望


中1の娘と小4の息子がいて、一緒に和室で布団を並べて寝ています。添い寝をする年齢でもないと思うのですが、息子とは1日おきに一緒の時間に寝ています。

どうして1日おきに一緒に寝ているのか?と言えば、息子が希望するからです。1日おきに1人で寝られているのですから、本当は一緒に寝なくて良いですよね。

でも、息子としては、1日おきに我慢しているつもりらしく、私が仕事で寝る時間に帰宅できない日があると、忘れずにその後2日続けて一緒に寝るように訴えてきます。

毎日1人で寝るように言っても、イヤだと言い続けて面倒ですし、うっかり一緒に寝てしまって朝まで起きないと、仕事に支障が出ます。そういうことがたびたびあったので、今は、1日おきに付き合うことに決めています。そのほうが、息子も安心しますし、仕事も計画が立てられます。

育児中の定番~早起きと分割睡眠


○早起き


でも、9時半に寝ると、在宅ワークが回らなくなります。

夜の間に2時間~3時間は仕事をしたいので、9時半に寝たら4時頃起きて仕事をしないと間に合いません。4時に起きれば2時間近く時間があるので、有効に使えば良いのですが、6時に子どもが起きてくると思うと、何となくプレッシャーがかかり、うまくいきません。

それに、朝、締め切りのある仕事をするのは心配です。私は寝坊します。4時にかならず起きられるとは限らないのです。
寝坊する話はこちらに書いています。⇒どんな目覚ましが効果的?子どもを起こさずに自分だけ早起きする方法。

○分割睡眠


反対に、仕事は夜にしたほうが、多少時間が延びても睡眠時間は減るだけで、仕事は完了できます。

そこで、9時半に寝た日は、11時ごろ起きて2時か3時まで仕事をする、という方法を採ってみました。その後、2時か3時ごろからもういちど寝るわけです。

これは、分割睡眠という方法で、電気がなく早寝だった昔にはよくあったことらしいです。子どもが小さい母親にもよくあることですよね。

家族が寝静まった夜中は集中できて、仕事をするにはとても良いです。

ただ、3時に布団に入ると、寝付くまでに時間がかかり、結局、寝不足になってしまいます。分割睡眠は、2度目の眠りがしっかり摂れないと睡眠の質も落ちてしまうのではないかと思います。

○早起きも分割睡眠も挫折


ということで、9時半に寝る日は、できるだけ昼間のうちに仕事を済ませ、朝までまとめて眠るようにしています。

そうするようになって、寝不足は解消されるようになりました。ただ、仕事の時間を確保するには、どこかで睡眠を削らないと回りません。

結局、仕事が押している時は、どうしても分割睡眠になってしまいますし、夜更かしをする日は、寝る時間がどんどん遅くなっています。そのために、9時半に寝た日も早起きできなくなってきています。

睡眠の改善策は?夜更かしを早寝に変える


フライレディの課題に沿って、自分の睡眠を振り返り、直せる部分を考えてみます。

子どもとの関係で、しばらくは1日おきに夜更かしする形が続きます。

でも、夜更かしの日も寝る時間を早くすれば、毎朝早起きをすることもできるはずです。それには、在宅ワークを昼間に済ませておくことが肝心。

悪いクセで後延ばしにせず、できるだけ昼間に仕事を済ませれば、日付が変わる前に毎日寝られるようにできるのではないかと思います。いつも早めに寝ていれば、早起きも苦にならなくなり、朝も余裕を持って過ごせます。


大人になると、寝る時間についてアドバイスしてくれる人もいませんが、フライレディがせっかく言ってくれていますので、改善してみようと思います。

子育て中は、何かと子どもに振り回される生活で、それが当たり前と思っていましたが、その中でも工夫して快適な生活を送れるようにしたほうが良いですね。

私が寝不足にならず元気でいれば、結局は家族のためにもなると思うので、努力してみます。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示