ホームフライレディベビーステップ ≫ 寝る前に翌日の服を決める習慣について。片付けるため以外のもう1つの私の理由~フライレディ7日目

寝る前に翌日の服を決める習慣について。片付けるため以外のもう1つの私の理由~フライレディ7日目

片付け習慣を身につけるフライレディベビーステップを実践しています。7日目は、寝る前に翌日の服を決める、でした。
睡眠
これは、小さい頃からやっていて楽勝!と思ったのですが、そう言えば、先週まではきちんとできていませんでした。

先週、きっかけがあり、以前のように寝る前に準備するようになったんです。それには、ある理由がかかわっていました。

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。
○ フライレディのご案内 ○
フライレディベビーステップのページはこちら。⇒31 Beginner BabySteps
・ベビーステップ実践の必須ブログ、日本語で詳しく解説されている筆子さんのブログはこちら。⇒アメリカのお片づけ指南サイト、フライレディに関する記事のまとめ
・筆子さんによる7日目の詳細な解説はこちら。⇒汚家脱出計画。31日でものにする小さな片付け習慣(2)

これまでの6日間で、次の習慣を身につけました。
・1日目⇒シンク磨き
・2日目⇒朝の着替え
・3日目⇒フライレディのサイトを見る
・4日目⇒ポストイットに習慣を書きとめる
・5日目⇒ポジティブに言い換える
・6日目⇒ホットスポットを2分片付ける

1週間前に起きたこと


ここ数日は、寝る前に翌日の着替えを選び、子どもたちと一緒に寝ている寝室の入り口に置いています。本当は枕元が理想なのですが、ぬいぐるみや何やらでいっぱいなので、子どもたちの着替えは枕元、私のは寝室の入り口にしています。

でも、1週間前までは、私の着替えは自分の部屋に置きっぱなしでした。それでも、翌朝、自分の部屋に行けばすぐに着替えられたので、問題ないと思っていたのです。

1週間前に起こったこと。
それは、大き目の地震でした。とは言っても、熊本地震にはほど遠い、震度4の地震が1回だけ、というものでしたが、ちょうど子どもたちが寝る時間だったので、不意を突かれて慌てました。

着替えは自分の部屋にあるから大丈夫、とは思えません。私の部屋は、入口に背の高い本棚があり、大きな地震の時は真っ先に飛び出さないと閉じ込められる危険がある、怖い部屋なんです。

その日の夜から、翌日の服を近くに置いてから寝ています。

私の部屋の防災に関しては普段から気になっていて、3月11日に関連記事を書いています。防災はまだできていませんが。⇒私の部屋の地震対策について

寝る前に翌日の着替えを準備しておく2つの理由


フライレディも7日目の習慣としているということで、今、私が考える、翌日の着替えを準備する理由は2つになりました。

1) 翌朝の家事をスムーズに始めるため


おそらくフライレディは、翌朝、スムーズにスタートできるために、着替えを決めておくことを勧めているのだと思います。そうしておけば、起き立てで頭がぼーっとしていても、身なりを整えて家の仕事を始めることができますよね。

でも、私が昔から、寝る前に服を決めていた理由は違っていました。

2) 緊急に避難できるようにするため


今は千葉県に住んでいますが、小学生の頃は神奈川県横須賀市に住んでいて、東海地震がいつ起こってもおかしくないと言われて育ちました。横須賀市は関東大震災の震源に近かったそうなので、余計に意識が高かったのかもしれません。

着替えの用意も防災の一環で、夜中に逃げることになっても大丈夫なように、ということだったのです。それが、大人になってからいい加減になり、自分の部屋に適当に出しておくという状態になっていました。

たぶん、2011年の東日本大震災の時には、寝室に着替えを用意して寝ていたはずです。それから数年経って気がゆるみ、また、習慣がなくなっていたんですね。

先週の地震は夜でしたから、恐怖感もあって、その後は幼少からの習慣が戻っています。



やはり翌日の服は決めておき、手元に置いて寝たほうが、翌朝のルーティンをこなすにも、夜の緊急事態に備えるためにも、良いですよね。

服を決めておく習慣は、子どもの頃は継続できていたのですから、今後も気を引き締めて、適当にならないように気をつけたいと思います。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示