ホームフライレディベビーステップ ≫ 片付けにポジティブシンキングが必要な理由とポジティブになる方法~フライレディ5日目

片付けにポジティブシンキングが必要な理由とポジティブになる方法~フライレディ5日目

片付け指南サイトのフライレディで提案されている、ベビーステップを実践しています。ベビーステップは、簡単な習慣を1つずつ、31日かけて見につけていくコースです。5日目の課題は、ネガティブな感情を書きとめ、ポジティブな表現で言い換える、というものでした。
ポジティブ

どうして片付けるのにポジティブシンキングが必要なのでしょう?
そして、どんな方法を採れば、ポジティブに考えられるのでしょう?

課題を見て、どうすればいいの?と思いましたが、まずは指示にしたがって取り組んでみることにしました♪

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。
○ フライレディのご案内 ○
フライレディベビーステップのページはこちら。⇒31 Beginner BabySteps
・ベビーステップ実践の必須ブログ、日本語で詳しく解説されている筆子さんのブログはこちら。⇒アメリカのお片づけ指南サイト、フライレディに関する記事のまとめ
・5日目についての筆子さんによる解説はこちらです。⇒31の小さな習慣(1)

これまでの4日間で、次の4つの習慣を身につけました。無理のない範囲で続けています。
・キッチンのシンク磨き⇒1日目
・朝の着替え⇒2日目
・フライレディのサイトを見に行く⇒3日目
・ポストイットに習慣を書いて貼って置く⇒4日目

片付けるためにポジティブシンキングが必要な理由


片づけ指南サイトのコースを実践しているのに、なかなか片付けが始まりません。シンク磨きは、きれいにはなってますけど、物が片付いているわけではないですよね。
そして、今回は、ポジティブシンキング。ますます片付けから遠ざかっているような…。

どうして?と思い、筆子さんの解説を参考にしてみたところ、ポジティブシンキングが必要な理由は、こういうことでした。

片付けられていない人は、「自分は片付けもできないし、ほかの物事もうまくできていない」というように、自信がなくなっている人が多いとフライレディは考えています。そのため、「部屋を片付けて自信をつけ、自分の人生もコントロールできるように」と考えられているそうです。

だから、ポジティブシンキングを習慣にすれば、自信が持てるようになり、片付けも物事もうまくいくようになる、ということのようです。

たしかに、ポジティブに考えると、気分が明るくなります。片付けに良い影響があるかどうかまだ分かりませんが、物事が悪い方向には行かないだろうな、と思います。

フライレディの提案を実践


フライレディの提案する方法を実践してみました。
ポジティブに言い換え
まずは、ネガティブな感情を書いてみました。
「PC周りが片付けられていない。何日も散らかっている。」

これを、無理して(!)言い換えてみました。
「3月に片付けブログを始めた時より片付けられている。PC周りに何があるか知っている。」

あえて、「~できる」という言い方で自分に自信を持たせてみました^^

ふ~。
子どもへの声掛けは、なるべくポジティブに言い換えているのですが、自分にとなると難しいですね。

PC周りはリバウンドしてきていて、3月に片付けた時は、思いがけないものを発見したりしたのですが、今は、その前より片付いていて、一応、何があるか把握できている状態なので、前よりマシです。よく取ればですけど…。
3月に片付けた時のお話はこちらです。⇒机の上を片付けたら幸福がやってくる?!

ポジティブシンキングになる方法


この言葉の言い換えですが、じつは、どうやったらポジティブな考えが出てくるのか悩んでしまいました。言い換えを習慣にするためには、まず、言い換える思考を作らないことには、書けません。今回、ネット検索などして、良さそうだと思ったが次の3つです。

○基準を変えて言い換える


基準を変えて言い換えます。PC周りが汚い→前よりキレイになっている、という発想の転換です。

でも、今回、この考えに行きつくのに時間がかかりました。PC周りが汚いのは事実で、どうやって見方を変えれば良いか分からなかったのです。そんな時には、次の方法。

○成功体験を思い出す


関連する出来事で、成功した体験を思い出します。

私は、この方法で、「PC周りを3月には片付けて、前より良くなった。その時に、何があるかも分かった」というのを思い出しました。

○行動する


ポジティブになれる行動をする、という方法です。

今回は、2番目の方法で、何とかポジティブに考えられたので、紙に書きとめて終わりになりました。

でも、ネガティブな思考に陥っている時は、何か行動するのも良いと思います。実際に状況が変わりますし、できた!という小さな成功体験を得ることもできますよね。

昨日は、紙に書きとめた後で、ほかの場所ですけど、しばらくできていなかった断捨離をしました。わりとうまくいったので、気分が上がりましたよ。
昨日の断捨離体験はこちらに書いています。⇒久々の断捨離は大成功!卒園から丸3年経ち、捨てられなかった幼稚園グッズを捨てました。



ポジティブに考えたり、思い返したり、行動したりすると、八方ふさがりの気持ちが晴れてきます。

片付けって1日ではできないものですよね。本当に満足できる日が来るまでは、「ああ、できてない!」と毎日感じてしまうのが普通なのかもしれません。

それでも腐らず、ポジティブな気持ちで毎日の片付け習慣を積み重ねていくことが、キレイな部屋への近道と言えそうです。
これからも、前向きに(!)片付けをがんばります♪


関連記事

コメント













管理者にだけ表示