ホーム15分片付け・断捨離 ≫ いつの間にか物が増えてしまうハンドバッグの中身をスッキリさせる3ステップ。

いつの間にか物が増えてしまうハンドバッグの中身をスッキリさせる3ステップ。

ハンドバッグの中はきれいにしておこうと思っているのですが、いつの間にか不要な物がたまってしまいます。でも、あるきっかけで中身を見直しました。

そのきっかけとは、息子がスイミングバッグの中身を片付けたこと。見ていたら、「あ、そうすれば良かったんだ!」と気がつきました。

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

息子のスイミングバッグの中身とは


息子はスイミングスクールにバスで通っています。帰りのバスでは、お菓子を食べても良いことになっているので、スイミングバッグのポケットに、小さなお菓子を入れて行きます。

昨日は珍しく、自分でポケットを片付けていました。見ていたら、意外に出てくるものです。

食べ終わったお菓子の袋は、帰宅した時か、遅くても次のお菓子を入れる時に捨てているのに、ちょっとしたカスや飴の袋が残っていました。そのほか、私が入れておいたタオルハンカチ、スイミングスクールでもらったおもしろ消しゴムも。

お菓子のゴミを捨てて終わりかな、と様子を見ていたら、中身を全部出し、ポケットに入れたのは、プールのバスカードとお菓子を2つ。

そして、ひと言、
「はい、ここはこの3つだけ!おしまい。」
と、ピッとファスナーを閉め、準備完了。

私としては、お菓子は1つでは?と思いましたが、それはともかく、「3つだけ」と数を決める潔さにちょっと感動しました。それで、「え、私のバッグは…」と思ったわけです。

子どもを見習ってハンドバッグの片付け


私が普段使っているハンドバッグには、近所に出かける用と仕事用とありますが、とりあえず近所用のバッグをチェックしてみました。こちらです。
ハンドバッグ
外にポケットが5つ、中にも3つあり、意外に大容量。子どもと出かける時にはウェットティッシュや靴下の履き替え、小さな本まで入ります。普段の持ち物はもっと少ないですが。

ところが、チェックしてみると、さすが私です。古いものが出てきましたよ。

中身をぜんぶ出して、捨てることになったのはこちら。
ハンドバッグ捨てる物
おかしいですね。写真だと少なく見えます。じつは、レシートやスタンプカードが数十枚重なっているんです。スタンプカードはほとんど使わないお店の物だったので処分します。

レシートは基本的に財布に入れていますが、お金をしまった後にもらったりすると、バッグのポケットに入れてしまいます。右のピンクの宅配便の控えなどはその典型。

年末の映画の半券(画像の中央)もありました。

今回、いちばん古かったのが、左端の動物園の半券。約1年前の物でした。

そう言えば私、子どもと出かけた時のチケットを取って置くクセがあります。後で写真と一緒にスクラップブッキングにするかも、という発想なのですが、ここ数年、実現した試しがありません。なので、きっぱり捨てることにしました。1年も経っていて、当然と言えば当然です。

ハンドバッグに入れるのはこの9点


不要な物を捨てて、残した物はこちらです。
ハンドバッグ入れる物
ティッシュ、タオルハンカチ、財布、家の鍵、免許証(中央のカード入れです。)、車のキー、ペンライト(習い事のお迎え用)、絆創膏。それに、写メを撮るのに使うので写せませんでしたが、スマホ。
以上、9点です。



息子が無意識にやっていた方法、つまり、中身をぜんぶ出して、必要な物だけ入れ直すというのは、片付けの基本です。それに、入れる数を決めておくというのも、後でむやみに増えなくて良いと思います。

私は、今になって、それにようやく気付きましたが、教えられなくてもできる子もいるんだな~と本当に親バカですが、思ってしまいました。
ま、子育てしながら育てられてる、ってことですよね。

せっかくスッキリさせる方法が見つかったので、これからは入れる物の数を増やさず、きれいなハンドバッグをキープして過ごします♪


関連記事

コメント













管理者にだけ表示