ホーム断捨離 ≫ 80年代に活躍したあの人がいた!本棚に詰め込まれた書類を片付けて発見した物とは。

80年代に活躍したあの人がいた!本棚に詰め込まれた書類を片付けて発見した物とは。

今日は、久々にゆっくり自分の部屋片付けました。場所は本棚です。
歌手イラスト
詰め込んだ書類を片っ端から取り出し、端から断捨離。すると、出てくる出てくる、まるで自分史を掘り起こしているようでした。どんどん時間をさかのぼり…。さすが私、最後には、ものすごい年代物が飛び出してきました。

アラフォー女性なら誰もが知っているあの人です♪

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

本棚3段分に入っていた物


昨日、「断捨離」と「捨てる」のとは違うということに気づいたので、一歩でも断捨離に近づこうと、今まで敬遠していた、自分の古い書類が入っている場所に手をつけることにしました。

「断捨離」と「捨てる」の違いについて、考えた記事はこちらです。⇒「断捨離」と「捨てる」の違いはここにありました。断捨離するには、自分が今、必要な物を選ぶ。

私の本棚は大容量。片付けたのはたったの3段だけでした。書類の片づけは意外に時間がかかるものですね。15分のつもりが、結局1時間以上かかりました。

入っていた物は、仕事の書類と本と名簿、写真用紙、ルーズリーフ、クリアファイル、趣味の英語教材、子どもたちが生まれた時の記録、自分が学生の頃からの手帳、20歳の時に通った教習所の教科書。

こう並べただけでも、3段によく詰まっていたと思います。ビフォー写真はこちらです。
本棚3段ビフォー

上中下の3段ですが、中段がとても狭くなっています。物が詰まりすぎて、どこか段の切れ目かお分かりになりませんよね。すみません。

断捨離で半分に減らしました


英語教材は全捨て、教習所の教科書も全捨て、仕事の書類は半分ほど捨てました。

子どもたちの記録は、ざっと見て、ノートに記録されている物だけ残し、ペラ紙の病院の書類らしき類は全捨て。

自分の手帳は、あまり書いていない年の手帳は捨て、大学卒業の年、結婚した年、子どもが生まれた年など、とくべつな出来事があって書き込みが多い手帳を残しました。残したほうが多かったですが。

写真用紙、ルーズリーフ、クリアファイルは…
断捨離だったら、必要な分だけ残してあとは捨てるべきですね。しばらく迷いましたが、どれも使いそうだと判断し、ストックとしては少し量が多いですが、取っておくことにしました。今後、新しく購入しないようにします!

以上の片付け&断捨離の結果、アフター写真がこちらです。
本棚3段アフター

私にしては、かなりスッキリしました♪
どこに何が入っているか分かるし、前よりも格段に取り出しやすいです。

今日の驚きの発見とは


さてさて、今日もスゴイ物が出てきました。上記の物でも十分古いですが、出てきたのはこちらです。
聖子ちゃんシール
私が小学4年生の時、つまり、1982年の雑誌の付録シールです!
アラフォーの女性なら、誰か分かりますよね?
どうしてこれが取ってあったのか、まったく不思議です。ほかにここまで古い物はなかったのですが。

「うわー、この頃、はやってたな~」と感慨にふけり、キティちゃんの赤い袋に丁寧にしまって断捨離しました。

ほかにはたいして断捨離できなかったけど、今日はこれで満足です。



自分に甘くてどうしようもありませんが、すっきりした気分です。また、明日もどこかを片付けたい!と強く思っています♪
またご報告させていただきますね。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示